ITエンジニアで月収30万円以上稼げる業務 フリーランスエンジニアになるには

より単価の高い仕事を受ける

ITエンジニアで月収30万円以上稼げる業務

月収30万円を超えるレベルで仕事をするためにはより高度なプログラム言語と開発スキルが必要です。サイトの微調整や追加更新の依頼を受けるだけでも30万円を超えられますが、それは仕事を受けられて、報酬がもらえたらの話でしかなく、クラウドソーシングなどではそこまでポンポン良い単価の仕事はもらえないと思っていたほうが良いです。

 

1件あたり3万円から5万円のプログラマー向けの仕事を請け負っていけば1週間に1件から2件仕事をこなすペースで月収30万円を超えられますが、フリーランスになりたての頃は実績がなく、仕事がもらえない可能性がありますので、ポートフォリオや開発したアプリ、ソフトの共有ができる必要があります。

 

提案力と実績アピールが大切になる

単価の大きい仕事を取ってくるには、ポートフォリオや実績を見せて依頼者に自分を認めてもらって、依頼しようと思ってもらう必要があります。制作したソフトウェアの名称やプログラム本体をノートパソコンなどに入れて面接の時に見せるのもよく、実績や能力、スキルをきちんと伝えられないと仕事につながりません。

 

どれだけ能力があっても、きちんとそのスキルを相手に伝えられなければ仕事はもらえないので、企業などから仕事を受けるタイプのフリーランスになりたい方は特に気をつけましょう。事前にポートフォリオや分かりやすい履歴書を制作しておき、ITエンジニアとして働く場合にはPDFでの履歴書提出をしたほうが良いのでパソコンで作った履歴書を提出できるようにしておくのも大切です。

 

1件30万円の仕事をするのもあり

PerlやPythonなどができなくても、HTML、CSSなどを駆使してウェブサイトを1ヶ月で1つ30万円ほどの価格で請け負って制作するというのも一つの方法です。Wordpressを活用してブログ機能もついているサイトにしてほしいという要望は多いので、CMSでウェブサイト、公式サイトを制作できれば少しでも成果が出やすくなるでしょう。

 

しかし、この1件30万円の仕事を請け負う場合、依頼してきてくれる人はその分野に知識がある程度ある場合が多く、手間や面倒を節約するための依頼であることもほとんどです。そのため、HTMLやCSSの中途半端な理解や中途半端なレベルでは二度目の依頼が来ない可能性がありますので十分注意しましょう。


PAGE TOP