フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

ITエンジニアのフリーランスになるには

ITエンジニアとしてフリーランスになって独立

ITエンジニアとしてフリーランスになって独立するには、プログラムに対する知識と実績、作業経験が必要です。

 

ITエンジニアになるためには

ITエンジニアになるためには、最低限得意なプログラム言語を複数覚えておく必要があります。

 

フリーランスとして継続して成功し続けるには

フリーランスとして継続して成功し続けるには、熱意、情熱に加えて、謙虚さやモラル、仕事に対する向上心、学習意欲など精神面で求められるものが非常に多いです。

 

 

フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

 

ITエンジニアとしてフリーランスになって独立するには、プログラムに対する知識と実績、作業経験が必要です。せめて、アプリひとつ、ソフトウェア一つを制作して自身で運用、更新、メンテナンスもした経験があったほうが依頼を受けるときにも仕事をしやすいでしょう。様々な会社で求められているソフトウェア、アプリへの希望は、たくさんIT系のエンジニアとして仕事を請け負っているとかなり似てくるものもあるため、そのノウハウを生かしてテンプレートになるような基盤のコードを最初に持っていれば作業効率は更に高まります。

 

ITエンジニアになるためには、最低限得意なプログラム言語を複数覚えておく必要があり、HTMLとCSSに関してはどこの職場に入ったとしても、Perl専門の職場であってもプログラマーなら分かるだろうと仕事を投げられる可能性が高いので理解しておいて損はないです。PerlとRuby、Python、Javascriptをマスターしていればだいたいの仕事はこなせますが、アプリ開発をする場合にはObjectiveCやSwiftの知識と互換性をもたせる言語変換などの処理の経験があったほうが良いでしょう。

 

また、比較的簡単な高収入の仕事としてウェブサイトのAMP対応化があり、需要が高まってきているので、ツールなども駆使していじれるようになっていると今後のモバイル対応、モバイルファーストインデックスなどにも合わせられて仕事は尽きなくなるでしょう。

 

フリーランスとして働く方法

フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

フリーランスとして勤務し始めると24時間完全に自由になる上に、監視する人がいなくなるため、だんだんと弱い自分に負けるようになってしまいます。だらだらと無駄な時間を過ごしていても、iPhoneで遊んでいても、Twitterをいじってしまっていても叱ってくれる人はおらず、毎月そこそこ稼げてしまっていると刺激が足りずにモチベーションが落ちていく人もいます。

 

フリーランスとして継続して成功し続けるには、熱意、情熱に加えて、謙虚さやモラル、仕事に対する向上心、学習意欲など精神面で求められるものが非常に多いです。仕事の管理、日程調整、予定の管理も必要で、毎年必ずやってくる確定申告に備えて、毎月地道に帳簿ソフトに入力しておくのも重要です。ITエンジニアの場合は座って行う仕事が多くなりますので、健康面に気を遣って運動、筋トレ、食事には特に注意し、体を壊さないようにしなければいけません。

 

ITエンジニアはプログラムや開発、アップデート更新の仕事など、仕事そのものは問題ない場合が多く、それ以外の生活面や業務管理のほうが大変になってきますので、事務仕事にも強く、仕事の連絡なども細かくできるようになっておく必要があります。

 

フリーのITエンジニア平均月収は25万円

毎月一定の金額の収入

成功しているフリーのITエンジニアは、開発・運用しているアプリ、ソフトウェアがあれば不動産と同じように毎月一定の金額の収入を得られる場合があります。

 

ITエンジニアの平均月収は25万円

ITエンジニアを年齢やスキルで限定せずに平均月収を出すと25万円ほどになります。

 

自分のプログラミングスキルに自信が持てない時

アプリ、ソフトウェアのソースハックをしておき、扱うことになるソフトウェアの中身の状態、アプリのプログラムの状態を見ておくと良いでしょう。

 

フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

成功しているフリーのITエンジニアは、開発・運用しているアプリ、ソフトウェアがあれば不動産と同じように毎月一定の金額の収入を得られる場合があります。無料プランと有料プランがあり、毎月継続して費用が発生するようなアプリになっていれば、特に収入は安定するでしょう。

 

オンラインサロンなども所有できれば、そこに集まる人々から頂ける報酬で月収100万円や200万円を達成することもできます。LINEスタンプだけでも毎月100万円を稼ぎ出す人はいますので、アプリの調整や更新だけでなく、開発して所有し、大勢に使ってもらえるという状況を作り出せば、収入は減らなくなり、仕事も減らなくなります。それに対して大卒、社会人になりたての方だとフリーランスとしてすぐに成功するのは難しく、経験を積みながら実績も積んでいって最終的にたくさん稼げるように、もっと人の役に立てるようになっていきます。

 

最初からフリーランスとしてやろうとしても、報酬1万円や5000円の仕事でももらえれば良いほうで、そこから実績を積み上げ、新しい言語も学んでいく費用があります。ITエンジニアを年齢やスキルで限定せずに平均月収を出すと25万円ほどになりますが、プログラムに特化してどっぷりその道に進んでいけば月収は天井知らずに上がっていくことでしょう。

 

自分のプログラミングスキルに自信がない時

フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

たくさん経験を積んでいても、新しい仕事を受ける時や新しい現場に入るときには、なかなか自分のプログラミングスキルに自信が持てず、現場で認めてもらえるか不安になってしまうこともあります。

 

そうならないために、事前にResouceHackとも呼ばれるアプリ、ソフトウェアのソースハックをしておき、扱うことになるソフトウェアの中身の状態、アプリのプログラムの状態を見ておくと良いでしょう。

 

リバースエンジニアリングをする時やアプリの日本語化をするときなどにも利用されるものですが、入る会社で何も知らずにアプリの更新や追加機能の開発を始めさせられるより、中身を事前にチェックすれば、プログラマーがどんな書き方で、どんなクセで書いているのかも分かります。改行、余白がどの程度あるか、インデントの入れ方はどんなクセがあるかも見ておけば、どのレベルで合わせれば良いかも分かります。

 

ときにはものすごく神経質で几帳面なプログラムを書いている人もいますので、あまりにもルールに厳しい場合はおおまかに作り込んでからルールを守った書き方にしたり、最初から時間がかかってもきれいなルールで書くようにしたりすると良いでしょう。ソースコードは比較的簡単に見れますので、その会社で働く予定で、いじるアプリが分かっているならば、細かい所まで見てみることをおすすめします。

 

新しい言語の学習でスキルアップ

フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

ITエンジニアとしてフリーランスになって成功するには、一つのプログラム言語だけではなく、複数の言語を扱える必要があります。HTMLだけでは足りないので、CSS、Javascriptが扱えるとどんな動的なウェブサイトでも作れるようになるでしょう。ときにはWebGLというようなウェブデザインのもっと深い所まで学んでいくのが魅力的で、新たに色々学んでいくのが何よりも大切です。

 

他にもPerlを学ぶだけでなく、PythonとRubyを覚えていれば、その互換性の良さからより高度なアプリを開発することも不可能ではありません。一定のルーチンワークをパソコンにさせたい場合や、パソコンの中でAIを育てていきたい場合には、ITエンジニアとして学ぶべき言語が複数に及ぶようになります。最低3つは関係するプログラム言語を覚えていないといけませんので、覚えている言語が足りないと感じる場合には早めに身につけて実務経験を積みましょう。

 

さまざまな可能性のあるプログラム言語は、お金を支払わなくても自宅のパソコンからTechAcademyなどの講座を通して基本を学ぶことができます。上にはひたすら上がいて、海外のプログラマーなどはもっと高度でセンスの良いプログラムを書いていることも多いのであちこちから学ぶ姿勢も大切です。

 

提案や履歴書制作もとても大切

フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

プログラム言語を扱えるだけでは意味がなく、フリーランスとして成功するにはそのスキルを他の人に提案できるようにする必要があります。履歴書やポートフォリオなどを作る必要があり、履歴書よりは制作したアプリやウェブサイト、ソフトウェアをきちんと提案できる方が仕事につながりやすいです。

 

ITエンジニアの場合は資格や免許よりも実力の方が重視されることが多いため、ポートフォリオの提出ができるかどうかのほうが重要です。IT系の資格は、日本においては言葉を知っているかどうかくらいのレベルでしかなく、プログラムを実務レベルでいじれるかどうかとなると全く別の話になります。

 

知識だけあって、大学を出ていても、バックアップも取らずに編集を始めてしまう人もいれば、サーバーサイドの環境を知らないままにバージョンアップさせてしまってうまく動かなくなってしまったりする例もありますので経験があることをきちんと提案すれば求人サービス内でも仕事を見つけやすくなるでしょう。アプリやソフトウェアを渡せない場合は、直接の面接の際にノートパソコンで制作したアプリを見せるなどどこまでできるのかをチェックしてもらえれば理想的です。

 

ITエンジニアとしてフリーランスになって独立するには、プログラムに対する知識と実績、作業経験が必要です。

要点を紹介するキャラクター

 

おすすめのITエンジニア求人サービス

ここでは、おすすめのITエンジニア向けフリーランス転職サービスをまとめています。基本的な情報、だいたいの仕組みなどをそれぞれメリットも分けてありますので、お役立てください。

画像名を入力

完全無料IT研修&就活塾 ProEngineerの特徴

ITの知識がない状態からITエンジニアになりたい方や、HTMLやCSSなど開発とは少し関係ない言語までしか知らない方にとっては、無料でプログラム言語を学べる完全無料IT研修&就活塾 ProEngineerは、とても魅力的です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
完全無料IT研修&就活塾 ProEngineerの総評

ここで無料で学んだあとは、そのまま就職もできるかもしれませんので、一石二鳥です。ただし、ここで学んだ知識がすぐに現場で生かせるわけではないので、個人でも学び続けて実績を出せるようにしましょう。また、完全無料IT研修&就活塾 ProEngineerから就職、転職できる会社に、希望の条件の会社がない可能性もあるので、事前に理想的な条件の会社があるかどうか、無料で学べるという条件はどこまでなのか、よくチェックしておいてください。

  • 無料でプログラム言語を学べる
  • 無料で学んだあとは、そのまま就職もできる
  • 事前に理想的な条件の会社があるかチェックが必要
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

midworksの特徴

ITエンジニア向けの求人情報サービスとしてはぴったりな内容で、多数の求人、履歴書やエントリーシートなどの作成サポートなどもあります。プログラマーとして既に活躍していて、経験もある方ならばフリーランスとしてこちらに参加すれば仕事は多数見つかるでしょう。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
midworksの総評

フリーランスにとってちょうど都合よく働けて、実力も発揮できて利益にもつながるものが多数ありますので、フリーランスのITエンジニア、デザイナーとして仕事がなかなか見つからない場合には特におすすめです。

  • ITエンジニア向けの求人情報サービス
  • フリーランスとして参加すれば仕事は多数見つかる
  • フリーランスのITエンジニア、デザイナーとして仕事がなかなか見つからない場合には特におすすめ
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

High-Performerの特徴

高報酬を目指す方にはぴったりの求人情報サービスですが、その分求められる開発レベルが高く、専門性の高いものが多いです。大勢の人が利用するようなシステムの開発をしないといけない場合もあり、開発後のメンテナンスや更新作業なども必要になる可能性があります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
High-Performerの総評

一度制作に携わって、プログラム言語のバージョンアップなどでマイナーな変更をする必要がある場合には再度仕事がもらえる可能性があり、あちこちで人脈を広げるのにも役立つでしょう。プログラムの腕に自信がある方は是非チャレンジしてみてください。

  • 高報酬を目指す方にはぴったりの求人情報サービス
  • 開発レベルが高く、専門性の高いものが多い
  • プログラムの腕に自信がある方は是非チャレンジ
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

ギークスジョブの特徴

老舗のITエンジニア向け求人サイトで、さまざまな仕事を使えるプログラム言語から選び出すことができます。求められる言語のスキルがはっきりするので仕事を見つけやすく、初心者でも就きたい仕事に適した分野のプログラム言語を学びやすいでしょう。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
ギークスジョブの総評

ギークスジョブを通して求人をチェックし、どんな言語を学べば報酬、月収が良くなるか調べてみるのもおすすめです。学生にとっては今後のプログラム言語学習に大いに役立つでしょう。

  • 老舗のITエンジニア向け求人サイト
  • 求められる言語のスキルがはっきりするので仕事を見つけやすい
  • どんな言語を学べば報酬、月収が良くなるか調べてみるのもおすすめ
詳細レビューへ公式サイトへ

 

クチコミ情報

新言語と合わせて転職で月収UPに成功

これまでJavascriptは仕事で使っていたのですが、ウェブデザイナーのあげてくるアイデアにスライダーや動きのあるモデルを追加するくらいで、ステップアップするために転職を決めました。しかし、Javascriptだけの仕事というのはあまり良い収入にはならず、新しく言語を覚えてもっと収入を挙げられるようにしました。

 

もっとも利益率が良さそうだったのがPerlという言語で、テキストや文字列処理に関係するソフト開発や、会計ソフト関係のリバースエンジニアリングなどができるようになってかなり年収が変わりました。今は収入にも少し余裕ができたので、またさらに新しい言語を学んで次の年収、月収アップに備えています。

 

先輩社員の話ではRubyを覚えて、Pythonも使えるようにするともうしばらくは困らないと言っていたので、片っ端から学んでいこうと思っています。

 

現場の使用言語が合わないこともある

私が転職した際では、求人に書かれていた言語を扱いはしたのですが、プログラマーということでウェブデザインのコーディングも任される事になって、雑誌の電子化の際のコーディング、ウェブサイトのPHPやJavascriptの調整などもやらされることになりました。

 

RubyとPythonをあわせて使用する現場だったのですが、私以外にプログラムのことを理解している人が職場におらず、仕方なくトータルでその会社の仕事で使用しているプログラムをいじることになりました。

 

使用する言語が簡単だったからまだ良かったのですが、これが難易度の高いものやマイナーな言語だったら対応できずに勝手に理不尽に評価を下げられていたかもしれません。フリーランスでも会社付きのプログラマーを出勤してやっているとこういうことも起きてしまうようですので、使えるプログラム言語は幅広いほうが良さそうです。