High-Performer【評判まとめ】フリーランスエンジニアになるには

自信があったのでピッタリの転職サービスだった

【評判まとめ】High-Performer

Javascriptというプログラムに関しては多くのアプリや、組み込み、プロジェクトに関わってきて、まるで自分の手足のようにどんなものでも書けるという自信があったので、High-Performerという転職サービスで仕事を探しました。既にいくつかフリーランスとして請け負っている仕事はありましたが、それらもプログラムがほとんど完成して、あとは保守だけ、更新作業だけという段階になったため、給料が少し下がって、毎月保守を行うだけになりました。

 

そのため、新しい開発に力を出せるようになり、新しいプロジェクトをHigh-Performerで探した次第です。そこで仕事を探していくとそこまで高度でないものも求人に書かれてあり、中でも難易度の高そうなもので、運営とコミュニケーションがとれるもの、採用者側が一定のレベルに達している所に絞り込んで仕事を見つけられました。

 

下積み時代の経験を生かして

私がJavascriptを身につけたばかりの頃に、サービス残業は当たり前、無理難題は平気で押し付けて、きちんと議論もされないままで適当に指示を出されて対応していくという職場がありました。次の日の会議で決まった内容によっては夜間の努力が完全に無駄になるようなこともあり、仕事とはいえ書けた時間がゼロになるというような最悪の環境で仕事をしていたので、採用者側の人間性をかなり重視しています。

 

High-Performerというだけあって、依頼者側に当たる採用する側の人々は流石に大丈夫かと思いましたが、会社によっては残念なところもあるようでした。High-Performerでも仕事のマッチングをする時には妥協はしないほうが良いでしょう。

 

月収100万円を超えるよりも良いもの

High-Performerではかなり高収入になる仕事が多数ありますが、個人的には月収60万円くらいで、月収100万円の仕事の4分の1くらいの負担で済む仕事を選んだほうが絶対に良いでしょう。月収100万円だからといって、仕事量や求められているレベルも100万円に値するレベルかというとそんな事はありません。

 

300万円レベルの作業を100万円でやってくれと言ってくるようなところもあるので、労働時間、労働力、作業内容、認証レベルなどを考えて、成功という評価をもらいやすい仕事を見つけたほうが良いでしょう。Javascriptのプロだと自信があるならば、無理に難しい仕事を選ぶより、安定して報酬が支払われて、イージーレベルで仕事ができるところにいた方が絶対に安心です。仕事を探す時には少し工夫してみると良いでしょう。