Perlでシステム管理・テキスト処理 フリーランスエンジニアになるには

Perlで高速大量テキスト処理

Perlでシステム管理・テキスト処理

Perlが最も力を発揮するのはRubyよりも高速に、複数の言語との互換性もよく、テキスト処理を一気にできるという点です。例えば、文章の添削、自動校正、誤字脱字の修正、文章の自動作成、小中学校の問題文の作成などランダムに大量のパターン化された問題と答えを生成するような場合にもこのPerlが駆使できます。Excelのデータ処理、Wordの文章処理、執筆された記事の一括校正と編集なども可能で、分掌に係るルーチンワークはPerlを利用すればほとんどストレスが無くなって、効率化することができます。

 

その分、開発したものは社外に出にくく、極秘で扱われることが多く、時には企業のメーリングリストやメルマガの自動生成などにも使われるため、良くも悪くも用途が幅広いのがPerlです。

 

処理が少し早い言語

Perlとよく比較されるのがRubyというプログラム言語ですが、このPerlが先にあって、その後出てきたのがRubyという認識でいて良いでしょう。Perlの方が処理が早くて、パソコンに係る負担が少なめなので、ほんの少しでも性能を高めたい場合にはPerlを導入しつつ、記載の仕方やインプット、アウトプットを工夫すれば格段に処理速度が上がるでしょう。一気に数万文字、数百万文字を扱うような場合にはこのPerlを活用するのが一番です。

 

ときには、雑誌や新聞記事のように毎日大量に文字列が必要な仕事、キャッチコピーや言葉をどんどん出していかないといけない場合にはPerlを組み込んで仕事をすれば、人件費も大幅に減らせます。ここに機械学習に生かせるPythonを合わせれば、Perlで作った文章をPythonが学んで機械的に自動で更に良いものにするという作業もできるかもしれません。

 

CPANを活用して開発効率アップ

PerlにはモジュールやCPANというテンプレートのようなコンテンツもあります。これらを賢く選んで組み合わせていけば、基本的な機能は簡単に組み込めますので開発も、Perlの勉強もかなり楽になります。Perlはかなり古くから存在している言語なため、トラブルシューティングが多く、Q&Aにもかなりしっかり対応しています。インターネットジュオだけでもわからないことが解決できる可能性が高く、頑張ればほとんどお金をかけなくてもPerlを覚えられるでしょう。

 

実際に開発までできるかどうかは更に努力次第ですが、PerlはWindows環境にも簡単に導入できますので、コンパイルなどの手間なくすぐに試して使えます。少し古い言語ではありますが、十分な力を出してくれる言語ですので、いまさらでも覚えて使ってみると良いでしょう。