High-Performer フリーランスエンジニアになるには

高単価報酬の仕事が多数ある

High-Performer

高単価の仕事がたくさんあり、月収100万円オーバーの仕事を見つけられるのがHigh-Performerの特徴です。13年以上の実績があって、7000名以上の所属があるのがHigh-Performerの信頼の証でもあり、航空関係、防衛関係の仕事を経験したことのある人ならば120万円を超えるような月収を実現することもできます。

 

登録する時点で、履歴書やレジュメ、スキル申告ができるため、最初に全て用意しておいてまとめて登録すると手続きが早く、転職もスピーディーに成功しやすくなるはずです。高度なアプリ開発経験だけでなく、みんなが知っているアプリ開発をした経験があれば特に魅力的なスキルとなり、かなりの確率で良い会社とのマッチングをしてもらえるでしょう。

 

ECサイトの立ち上げ経験も使える

このHigh-Performerでは、ネットショップやECサイトの立ち上げ、構築の経験がある人も需要が高いです。近年はウェブ経由での取引、電子決済が盛んになっているため、電子決済の導入に挑戦したことがある方、電子決済の経験を積んだことがあれば、ベンチャー企業や急成長企業のiPhoneアプリや電子決済の方法なども合わせて全てを担えるでしょう。

 

全ての工程に関わってシステムを作れれば、次の転職や引き抜きがあった場合でもかなり高額な報酬、月収で雇い入れてもらえるはずです。個人でアプリ開発をしたことのある方や、アプリ開発だけで大成功した方もインフルエンサーとしての魅力があるため、SNSの拡散力を共有しておくのも良いでしょう。

 

どのレベルが高度なのか

プログラムの仕事において、ある程度その道を極めると誰もがだいたい同じレベルになるため、世間ではハイクラスと言われているものも、プログラマーからするとそこまで高度な内容ではない場合もあります。最も恐ろしいのは、プログラムのことを知らない上司、管理職からの無茶な指示に対応できるだけのスキルとコミュニケーション力で、どんなシステムが求められているかを事前に予測して、どの言語を併用するか考えておけば、採用面接時に具体的に提案できてよいでしょう。

 

プログラムが高度なのではなく、与えられる仕事、上から投げられる仕事が厄介な物が多いと考えたほうが無難でしょう。無理難題のプログラムでも作り上げてきた経験がある方はHigh-Performerでもきちんとその経験を生かせるはずです。

 

公式ページはこちら