PHPでCMS運用・Wordpress環境構築・復旧 フリーランスエンジニアになるには

動的なサイト表示に利用される

PHPでCMS運用・Wordpress環境構築・復旧

主に有名なのはWordpressというオープンソースのブログサービスでの利用で、どちらかというとサーバーに近いところで、ページ訪問者の要望に答えてページを表示していくような側面があり、動的なウェブサイト表示を実現するのに欠かせません。

 

WordpressのプラグインやWordpressの編集画面、投稿画面などもこのPHPで組まれているため、PHPを扱えればWordpressのようなCMS(Content Management System)というブログ作成サービスのようなものの運営で活躍できるでしょう。HTMLやCSSとはかなり雰囲気が異なり、より本格的なプログラムという雰囲気があるものですが、HTMLやCSSと一緒になって動いてくれるもので、ブログ、ウェブサイト、企業の公式サイト、ブログ型の公式サイトを運営する時にもよく活用されます。

 

Wordpressをマスターするのに必須

世界のウェブサイトの3割がWordpressになったと言われているほどに人気のWordpressですが、オープンソースのブログとして利用する人も多く、企業のウェブサイト、アフィリエイトサイトとしての利用も多いです。そのため、クライアントがなかなか途切れず、依頼者によっては1つのWordpress制作だけで10万円から100万円という報酬で仕事を取れる場合もあります。

 

Wordpressの作成だけでなく、プラグインの制作とリリース、有料テーマの制作とサポートなどを行っても利益は出せますのでPHPができればWordpress界隈のユーザーがすべてターゲットになるという魅力があります。お金回りの良いアフィリエイターやブロガーなどにプラグインを紹介してもらえればユーザーは一気に拡散しますので、フリーランスの固定収入を目指す場合にもおすすめの言語です。

 

市場は若干飽和状態

PHPを扱えるプログラマーがすでに多くのプラグイン、テーマを配信していて、PHPを使って新しいプラグインやツール、テーマを提供するよりは、運営や保守に回るほうがPHPのみを生かすプログラマーとしては仕事を受けやすいでしょう。デザイン変更やサイトの軽量化、アクセス速度の向上や、希望しているツールや機能をブログに埋め込むためのアップデート要因としてフリーランスで働ける可能性があります。

 

人気が高く、英語ができる人にとっては海外のプラグインなども合わせて探せば、だいたい必要なものは揃っているので、これから始めるプログラムと言うよりはある程度理解していれば問題ないでしょう。特にJavascriptを利用できる人にとってはかなりわかりやすいプログラムなので、習得にはそれほど時間はかからないでしょう。